事故車が与える査定への影響

事故車が与える査定への影響

車の査定をする時に一定のトラブルになりやすいのが車の事故歴についてです。査定士も外装を見てキズがあるようならまずは疑いをもち事故があったかどうかを質問してくるケースが多いです。ワンオーナー車両でもない限り自分でつけていないキズ等であれば、事故歴があった車かどうかの判断は難しいところでもあります。

 

こういった場合は素直に自分が乗っていた期間は事故はないけど前オーナーのことはわからない…といったような感じで素直に伝えておいた方が良いです。なぜなら事故歴があとでわかった場合は多くのケースでトラブルになることがあります。

 

買取の中には修復歴等がわかったら契約をキャンセル、返金もしてもらうといったような誓約書を書く場合もあります。

事故歴を隠すのはデメリットが多い

事故歴は査定に大きな影響を与えることは車通の中では常識でもあります。
そのため事故歴を隠したがる人もいるのですが、フェアではないですし、後からバレる可能性も高いので隠すことはお勧めすることができません。

 

簡単でも良いのでどういった事故であったか、どのような修理をしたかなどを伝えておくことが大切です。

 

修理技術も向上しているので一見して事故があった車両かどうかを見分けるのは査定士の方でも難しいケースもあります。しかし、買取された車は次の新しい乗り手も見つかるかもしれないいわば命をあずける車両です。

 

しっかりと修理されてあれば問題になることもありませんが、それでも一定数は事故車は嫌だ。といった方もいるので売却する時には必ず修理、事故歴等を伝える売却側のモラルも必要となります。