売る時期、地域で買取価格が変わる!?

売る時期、地域で買取価格が変わる!?

中古車を売却するのであればできるだけ高く売りたいのはどの方でも同じ考えだと思います。そこで売る時期、地域などによって買取価格は変わってくるのでしょうか?

 

基本的に査定協会などの加入している買取店であれば査定する箇所、加減点方式などに変わりはないのですが、額面を見ると買取価格が違うことはよくあることです。なぜ同じ査定方法なのに買取価格に差が出るのか?

 

まず答えを先に述べると時期、地域などで買取価格といったものは変わってきます。また買取してもらう業者によっても額面は大きく変わってくるのです。

中古車買取もビジネスである

中古車買取専門店も善意で車を買取しているわけではありません。
ビジネスとして取り組んでいるので利益を取ることが最優先となります。

 

基本的には大手買取店などの多くの車両を扱う企業では全体の利益を考えて車の買取を行うケースが多いようです。つまりこの車両はあまり利益にならないけど買取しておいて、あっちの車両で多くの利益を取ればいいや。といったような考えがあります。

 

逆に個人で経営されているような中古車買取店は資本も少ないので1台、1台が勝負といったような感じです。

 

ですから、査定は厳しくなりますし、自社に多くの利益をもたらしてくれる車両については高価買取をします。逆に利益が生まれないような車両を持っていてもしょうがないので査定額も安くなったり、査定0円になるケースもあります。

 

このように査定方法は同じで店側の事情によって買取価格は大きく変わってきます。

 

一般的には力を持っている大手の方が販路も豊富に持っていますし、資本もありますので高価買取をしてもらえるケースが多いです。

 

だからといって小さい店は安い買取価格になるのか?と言われるとそういうワケでもありません。売却する車両によっては大手よりも高く買取をしてくれます。

 

中古車を売却する際には店側の事情、販路などもありますので1社だけでなく複数に査定してもらう方が高く売れるといった理由はココにあるのです。